ロレックスを安く手に入れたいなら中古ロレックスがおすすめ

Used rolex

普通の腕時計と比べロレックスは非常に高価な腕時計だ。例えばシンプルな3針モデルのエクスプローラー1であっても正規店で購入すると62万円(税抜)と結構な価格。そこで価格を安く抑えたい人には中古モデルという選択肢もある。

一方で中古品を購入しても大丈夫なのか不安な人も多いと思うので、ここではロレックスの中古品を購入する際に最低限知っておきたいポイントについて紹介する。

ロレックスを安く手に入れたいなら中古ロレックスがおすすめ

中古ロレックスを購入する人が増えている

中古ロレックスを購入する人が増えている

以前は中古ロレックスは敬遠されていたが

一般的に中古品と呼ばれているものは、一度だれかの手にわたって実際に使用されたものを指す。以前は前の所有者がどんな人で、どのような使われ方をしていたかがわからないこともあって、あまり購入されない傾向にあった。

しかし、最近では中古品を使うことが珍しいことではなくなり、中古品に対する意識は変わってきている。もちろん、ロレックスに代表される高級腕時計市場にも共通することで、中古ロレックスが市場に多く出てくることが示すように、中古腕時計を購入する人は確実に増えている

中古腕時計が支持されることにより品質向上につながった

中古腕時計を購入する人が増えたことにより、腕時計専門店はもちろんだが、時計専門ではなかった多くの並行輸入店も続々と腕時計の買取を強化するようになり、中古市場が活性化していったのである。

そして、この活性化が中古市場の切磋琢磨となり、劣悪な中古品を売る業者は淘汰されていった。

結果として中古腕時計の品質管理体制が強化され、中古市場全体の質の向上にもつながっている。現在では中古品であっても「安かろう、悪かろう」というものではなくなったのだ。

中古といえども幅広く、新品同様の中古品から年季の入った中古品まで多種多様

中古といえども幅広く、新品同様の中古品から年季の入った中古品まで多種多様

中古品といってもコンディションは多種多様

中古時計の難しいところは時計のコンディション。新品は基本的にはどのモデルも同じ品質だが、中古品の場合は、以前の所有者の使い方や、製造年代によって、新品に近いものから使用感の少ないもの、使用感の強いものなど、ロレックスのコンディションは多種多様。

中古品を扱っている店舗によってコンディションの基準が異なる

販売店舗が中古ロレックスの販売価格をどうやって決めているかというと、市場価格とその時計のコンディションから価値を割り出して販売価格を決定している

もちろん、その価値判断は店舗によって異なっており、同じ状態のロレックスでも店舗によって販売価格は異なる。店舗によっては、購入の基準となるようにコンディションごとにランクを分けて「未使用品」や「中古A品」などと表示している。もちろん、ランク付けは店舗ごとの基準によるもので、すべての中古ロレックス販売業者に共通しているわけではないので注意したい。

コンディション分けている業者例1:コメ兵

  • 新品              当社が独自にメーカーや卸業者様より仕入れを行った全くの新品
  • 未使用品       お客様から買取をさせて頂いた際に未使用、未着用のもの
  • Aランク       使用感の少ないきれいな中古品
  • Bランク       使用感のある中古品
  • Cランク       使用感が強い中古品

 

コンディション分けている業者例2:ロデオドライブ

  • 新品              国内外から仕入れた新品
  • 未使用品       保管状況により、小さなキズが確認されたり、付属品の欠品やシーズンオフの未使用の商品
  • 中古A品       中古品の中でも使用感が少なく、キズ・汚れが目立たない状態
  • 中古a品       多少のキズ・汚れがわかる状態
  • 中古B品       当店で扱う中古品の中では使用感がある状態

 

コンディション分けている業者例3:大黒屋

  • 新品(N)    新品
  • 新同(S)     未使用品・新品同様品
  • 中古(A)     磨きを施してあり未使用品に近い商品/キズが少なめで比較的程度が良い商品
  • 中古(B)     中古品の中でもキズ・汚れがある商品

もし、コンディションごとにランク分けをしている店舗で欲しい中古ロレックスが見つかった場合は、どのような基準によってそのランクが付けられたのかということを店員さんに聞いておくといい

もちろんそのようなランク表示がない店舗でも、ロレックスの状態やメンテナンスの履歴も含めてしっかりと確認することは同じく重要。時計の状態の確認方法については「中古モデル・アンティークモデルのコンディション判別方法」で細かく紹介しているので参考にしてほしい。

ロレックスのコンディションは大きく分けると5つのタイプに分別される

ロレックスには新品・中古品以外にも未使用品やアウトレット品などといったものが存在する。ロレックス販売店によって多少の呼び方は異なるが、基本は以下の5種類だ。

  特長
新品

一度も一般ユーザーに販売されたことのない商品。一目でわかる特徴としてはロレックスの新品モデルのケースは必ず薄い保護シールで覆われていること。他にも箱や保証書などすべての付属品が揃っているなど、メーカー出荷時と同じ完品状態のことを指す。

未使用品

一度はユーザーに販売された商品で、その商品を購入した人が一度も使用しないまま買取業者に売却したり、下取りに出したりした商品を指す。店舗によってはこれに最近よく使われるアウトレット品も含めている場合もある。

アウトレット品

新品と同じく、一度も一般ユーザーに販売されておらず、時計自体は新品だが、長期在庫となっていたためロレックスの保証期間が切れていたり、付属品が流通の段階で一部が欠損し不足していたりと、完全品とはいえない状態の商品。

中古品

一度はユーザーに販売されたもので、実際に使用されたことのある状態。以前の所有者の使い方も違えば、製造年代も様々であるため、基本的には同じ状態のものは一つとして存在しない。

アンティーク品

中古品と基本は同じだが、1970年代初頭に起こったクォーツショック以前の機械式モデルの黎明期である1960年代までのモデルをアンティーク品と呼ぶことが多い。

中古のロレックスを購入しても大丈夫か

中古のロレックスを購入しても大丈夫か

メリットとデメリットをしっかり認識しておけば大丈夫

以前の所有者がどのように使用してきたのかわからない中古ロレックスは、壊れやすいのではないかと不安な人も多いかもしれない。特に機械式腕時計は外側を見ただけでは判別できない内部(ムーブメント)が重要であり、それは手にとって確認したとしてもわからないもの。

だが、その反面で新品時の価格は高くて手が届かない一方、中古品であれば割と安い価格で入手できるといった大きな魅力もある。特にロレックスは壊れにくいということもあり、手頃な価格の中古ロレックスというのもひとつの手。

しかし、メリットとデメリットも存在するため、それらをしっかり見極めて判断することが重要だ。

中古ロレックスのメリット

ロレックスを安く手に入れたいなら中古ロレックスがおすすめ

手に入れやすい価格

高級実用時計の代表格のロレックスとはいえ、中古品である以上、新品よりも低価格で販売されている。価格が手頃であることが中古品の最大のメリットだ。

買取ってもらう時も高い査定額

中古ロレックスのも一つのメリットは買取時でも高い査定額なること。

他のメーカーの時計は相当に高額なものでも数年後に売ると半額以下になるものがほとんど。ところがアンティークロレックスはきちんとメンテナンスを行い良い状態を保っていれば、手放す時にそれほど価値が目減りしない。なのでアンティークウォッチを投資目的で手に入れる人もいるほど。

生産中止モデルが手に入る

もう発売されておらず新品で入手するのは不可能となっているものが手に入るのも中古品ならでは。例えば超希少品となっているデイトナのポールニューマンモデルは、中古市場でしか手に入らない。もちろん、それなりに価格は高い。

モデルラインナップも豊富

中古ロレックスには欲しいモデルがないのではと思う人もいるが、現在では新品モデルと同様に、中古市場にも多種多様なモデルが揃っている。特にデイトナサブマリーナといった人気のスポーツモデルは在庫も豊富。

また、デイトジャストなどのベーシックモデルも豊富にラインナップされていることも多い。様々なダイヤル素材を選ぶこともできる。

ロレックスなら保証書がなくてもメーカー修理が可能

中古品には非常にまれだが保証書がついていない場合もある。しかし、ロレックスはメーカーの保証書がなくても、日本ロレックスでの修理やオーバーホールを受けることができる。もちろん、日本ロレックス以外の時計修理業者でも修理やオーバーホールを受けることができる。

中古ロレックスのデメリット

ロレックスを安く手に入れたいなら中古ロレックスがおすすめ

コンディションがわからない

中古ロレックスである以上、以前の所有者がどのような環境で使用していたのかを知る術はない。人気モデルともなれば、複数の所有者が存在することも。

箱や保証書がないことも

同モデルで同コンディションの場合、箱や保証書のない商品は当然ながら価格設定も低くなっているが、箱がなくても腕時計の機能には関係ない。

中古ロレックスは大抵の場合、店舗独自の保証が付いているので安心だ。ということで、箱や保証書がないからといって、頭ごなしに中古品を敬遠する必要はない。

ただし、将来下取りや買取に出すときには、箱や保証書の完備したものに比べ、査定額がそれなりに下がってしまうことは肝に銘じておこう。

中古もいいが、新品モデルも視野に入れておこう

実は新品と中古では、価格以外にもさまざまな違いがある。時計本来の品質はもちろんのこと、通常多くの並行店が中古品やアンティーク品よりも新品の保証を手厚くする傾向にある。もちろん一部のロレックス専門店では、同じ保証期間を設けているお店もある。

中古ロレックスは優良なショップから購入すれば全く問題ないだろうが、数年ごとのオーバーホールなどの維持費や多様なサービスを享受するには、新品に分がある。これらの現状を踏まえたうえで中古ロレックスを検討するといい。

まとめ

価格だけなら中古ロレックスは大きなメリット

ここまでメリットとデメリットを紹介したが、中古ロレックスは価格的だけなら大きなメリットがある。また、壊れにくい高級実用腕時計の代表というだけあって、中古であっても問題なく動いてくれるものがほとんど。

押さえておきたいのはどこで購入するかということだが、「中古ロレックスはどのような店舗で購入すればいいか」で詳しく紹介しているので参考にしてほしい。

Back to Top