ミルガウス

Milgauss

軟鉄製インナーケースをオイスターケースの中に収納した二重構造により、1000ガウス(フランス語読みでミルガウス)もの耐磁性を発揮。

20年の時を経て2007年に復活したとき、初代ミルガウスのレアポイントだったイナズマ針をオレンジ色で復刻して話題となった。インナーケースがねじ込み式となり、耐衝撃性も向上している。

ミルガウス

ミルガウスの魅力

ロレックスが革命家といわれる理由はこのモデルに秘められる

1950年代に医師などの職業、極地冒険、それらのために開発された対磁機能を搭載したロレックスの革命的モデル。それがミルガウス。このモデルのベースになっているのはロレックスの定番とも言えるエクスプローラーである。

モデルによっては驚くべきことに、現在でも達成困難な1000エルステッドまでの防磁を達成している。ロレックスは自然界では存在しない特殊な境下にも耐えるというスペックを"特殊な職業"向けという限定で生産している。

それは同時に"時間"という要素に通常の生活以上の重要性を感じる人間にロレックスが支持されていたひとつの証明である。そしてそのニーズに応える。それはつまり、ロレックスが革命家といわれる理由にもなっている。

現代社会にこそ威力を発揮する真の耐磁時計

ミルガウスは、2007年に約18年もの歳月を経て復活を遂げた異色モデルだ。その名前の由来は、フランス語で1000を意味するミルと磁束密度を示す単位ガウスから作られた造語から付けられた。

そのオリジナルが最初に開発されたのは1953年のことで、磁場の高い環境下で働いているレントゲン技師や無線技師など、特殊な職業に従事している人向けに、1000ガウスもの対磁性能を備えた腕時計として開発されたのが始まりだ。

しかし、その特殊性のためか販売自体はふるわなかったようで、1989年には一旦生産を終了している。

パーツ類はミルガウス専用に作られているものも多い

Ref.116400

Ref.116400となり、1000ガウスという耐磁性は変わらないものの、パーツ類はミルガウス専用に作られるようになった。ムーブメントは軟鉄製の耐磁シールドケースが覆い、それに対応した肉厚のケース、そしてそのケースに合わせて作られたブレスも専用のものだ。

また、モデルは微妙に違う2種類が展開されている。なかでも人気なのが記念モデルとしのRef.116400GVである。人気の秘密はロレックスのコーポレートカラーであるグリーンをあしらった特殊なサファイアガラス風防が使われている点だ。

この色はかなりの技術力を要するもので、最初の頃は日本のメーカーに依頼して作らせていたと言われている。特別感があり、シンプルながらもそれなりに存在感があるなど魅力は多い。

ミルガウス基本スペック

タイプ スポーツモデル
ムーブメント 自動巻き
防水 100m防水
ケース経 40mm
素材 ステンレススチール
ダイヤル 白・黒
ブレスタイプ オイスターブレス
風防 サファイヤクリスタルガラス
振動数 28800振動
価格帯 \864,600(2019年12月時点)

現行モデル

ミルガウス Ref.116400

モデル Ref.116400
ダイヤル 黒・白
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル ポリッシュベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 13mm
重量 155g
製造期間 2007年~
定価 ¥729,000

ミルガウス Ref.116400GV

モデル Ref.116400GV
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル ポリッシュベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 13mm
重量 155g
製造期間 2007年~
定価 ¥864,600(2019年12月時点)

旧モデル

Ref.6541

初代イナズマ針といえばこのモデル

1958年に誕生した初代モデル。秒針がジグザグになっていることから、通称「イナズマ針」と呼ばれる。美品なら1000万円を超えるプレミア価格がつくことも。偽物も多いので注意。

Ref.1019

ベゼル固定の2代目

初代モデルは回転ベゼル仕様と固定ベゼル仕様が存在したが、2台目は固定タイプに一本化。1980年後半まで30年近く生産されたため、同じ1019でもディテールの微差は多い。

Ref.116400GV

復活のアニバーサリーモデル。

Ref.1019の生産終了からおよそ20年の中断期間を経て復活したミルガウスのアニバーサリーモデル。初代レアモデルのレアポイントであるイナズマ針が鮮烈なオレンジで蘇った。

Back to Top